いじめ、差別、仲間はずれ

これは全ての人間が持っている心の底の暗である
時と場合によって、加害者にもなるし、被害者にもなるのである

 

いじめ、差別、仲間はずれ

被害者にとっては、たまったものではない
いじめや差別をされたとき、どうすれば良いか、我慢したり泣き寝入りしては絶対にならない
まして死を選ぶようなことは決してしてはならない。

よくテレビカメラの前で関係者といわれている者が並んで頭を下げるシーンがあるが
いかに耳障りのいい言葉をならべても死んだ者が帰ることはない。