失敗を負けの人生から勝者へ

誰だって順調な人生を望むものだが不幸にして失敗や
挫折をした場合、失意のうちに人生を終わる人が多いのはなぜか

 

失敗を負けの人生から勝者へ

いかにすれば失敗と負けの人生から最後の勝者になれるのか
たった一度の人生を負けて失意のうちに終わってしまったのではもったいない誰でも幼いころ夢に見た自分の将来があった。
成長するに従い夢はいつしか忘却の彼方へと消えてしまった・・・。
誰もが順調な人生を望むものだが、不幸にして失敗や挫折をした人が、なかなか再起することが
難しいのだ。たった一度限りの人生を失意のうちに終わってなるものか!個々によって常境が違うので再起の為の方法も違う
失敗と負けの人生から最後の勝利者にいかにしてなるか。

 

 

 

結婚

よい伴侶を得ることは(よいとは一般的なよい人ということではない)
男女ともその後の人生を大きく左右することになる。一時的な感情で伴侶を決めてはならない。人生は順調な時ばかりでない不偶の時は力を合わせて乗り越えないとならない。
歌の文句にある
「人の世の悲しみに負けて生きるより力を合わせて二人で生きていかないか」

いじめ、差別、仲間はずれ

これは全ての人間が持っている心の底の暗である
時と場合によって、加害者にもなるし、被害者にもなるのである

 

いじめ、差別、仲間はずれ

被害者にとっては、たまったものではない
いじめや差別をされたとき、どうすれば良いか、我慢したり泣き寝入りしては絶対にならない
まして死を選ぶようなことは決してしてはならない。

よくテレビカメラの前で関係者といわれている者が並んで頭を下げるシーンがあるが
いかに耳障りのいい言葉をならべても死んだ者が帰ることはない。

人生の忘れもの

人生の忘れもの、心残り、やり残したこと

 

人生の忘れ物

ある一定の年齢になると自分の人生の総決算をしなければならない。
いわゆる終活とはちがう

”ふっ”と一息ついて自分の人生を振り返ることが誰にでもある
自分の心身が元気なうちに人生の心残りを解決して残りの人生を全力で生きなければならない。

 

 

夢

誰だって幼いころ夢に描いた自分の将来が合ったはずだ。
成長するに従って日々の生活に追われているうちにいつしか夢は忘却の彼方へ消えてしまった・・・・
年を重ねてふと自分の夢を想い出して今のままで、この世を終わってたまるか!
自分は何の為にこの世に生まれてきたのか、あの頃に想い描いた夢をもう一度追いかけたい。このままでは死んでも死にきれない・・・・
どの様にして始めたらいいのかきっかけがほしい
人間いくつになっても挑戦する。気持ちと行動力を失ってはならない。

 

 

自殺願望

死にたい者死ななければならない者死ぬ前に一度来訪されたし・・・
人間の死とはどういうものか、人間は死後どうなるか教授する。
それから死んでもおそくない。

 

 

幸福

人間の幸福とは、家族全員でごはんを食べることである。
この世にこれ以上の幸福はない。

一人暮らし

あなたの心の隙間埋めます。

 

一人暮らし

今の日本に約600万人の一人暮らしの人がいるという今後ますます増えると予想されている。

日々の暮らしには何もこまらないのだが、なつかしい音楽や昔見たなつかしい映像がテレビ等で見ると急にせつなくさみしさがこみ上げてくることがある。
そんなときご連絡ください。

人生の終わり方

誰にだって幼いころ、心に思い描いた将来があったはずだ。
成長して世の荒波にもまれているうちに夢は忘却の彼方へと消えてしまった。想い出を蘇らせてあの日に返りたい・・・

 
リセットするボタンを00にもどして人生をやり直したい・・・
私たちはどこから来てどこへ帰るのか

今の地球ができる前、さらに今の宇宙のできる前、さらにその前からこの地球に生きるのを待っていた。
この間さみしいとか早くこの世に出たいとは思わなかった。
気の遠くなる程の時を待っていたのに人の一生はたかだか80年そこそこである。

若いころは、この世に生まれた生きとし生けるもの全てが死滅することは分かっていたのだが
まだ先のことだと死について考えるには少なかった。
年を重ねても自分が老いたとは思わないでいたのだが、ある日、目や足がおとろえたなと感じる時がくる、そして老いたなと実感する。
そして自分の人生の残り時間を数えてみる。
あと何年この世にいられるだろうか?
すると一日一日が貴いと思えるようになってくる。
一日一日をもっと大切に生きよう、この世にいることが本当にありがたい、幸福なことだと思ってくる。

野山に出かけて小さな虫や、名も知らない花を見ているとがんばれよ、この世を楽しめよと声をかける。
同じ地球に今生きている仲間なのだと実感する。
自分も虫たちもそして野の花たちもたった一度限りのこの世なのだ
あと何年かすると生まれる前にいた命の泉に帰るのだ。

そして永遠をむかえる。

 

人生の終わり方

・やり残したことはないか
・人生の忘れもの、心残りはないか
・人生の達成感で心が満たされているか
・未解決の問題の整理

良い解決法があるから相談してもらいたい

手を伸ばしつま先立っても届かない一度離した金の蜘蛛の糸

 
朝倉の父 占い師 あきら(65歳)

良い解決法ががあるから相談してもらいたい

何か問題が起きた時、人生の失敗、いじめや仲間外れ、人間関係のトラブル、これから人生の分岐点に立たされた時は、ちょっと深呼吸して私にご相談ください。

一緒に突破口を見つけて気持ちの良い人生を切り開て行くお手伝いができるでしょう

朝倉の父 あきら(65歳)

まずは、メール、電話からお問い合わせください。

 

ご相談、料金について

10分程度の無料電話相談を受けたまわっております。
お気軽にお問い合わせください。

人生鑑定料金1時間 3,000円(税込)
※内容に関わらず上記金額以外一切必要ございませんのでご安心ください。

電話番号 080-3373-7719
所在地 〒838-1601 福岡県朝倉群東峰村大字小石原895 (地図はこちら

ご相談はこちら